横浜市マスタープランと「賃貸物件の競争時代」 | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

横浜市マスタープランと「賃貸物件の競争時代」

2014年08月25日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビル運営コンサルタントの
深山(みやま)です。

先日、私の自宅のある横浜市で、地元の地区センターに行き
行政が発行する資料を見てきました。

その中で、横浜市が作成する「マスタープラン」(都市計画を作るための長期的指針)を
読んで驚きました。

ddfdfd日本で3本の指に入る大都市で、
最大都市である東京のすぐ隣にある横浜市でさえ、
将来人口が確実に減少する前提で都市計画をイメージしているのです。

既に瀬谷区や南区、磯子区、金沢区あたりは人口減少の傾向にあったのです。

ヨコハマですよ!!!

入居者やテナントの有無のみが賃貸物件の価値を決めるのです。
お客様の絶対数が減る前提で、現状維持は衰退を意味します。

家賃を下げますか?
礼金を取らないようにしますか?
多額な借金をして外装工事をしますか?

身を削ってもジリ貧で我慢し続けますか?

むしろ「攻めの管理・マネジメント」で
年数に関係なく勝ち組の賃貸物件にしませんか?

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください