メルロゴ

住宅用の消火器をキレイに長持ちさせる方法

無料ロゴ
関連資料を無料でダウンロードいただけます

家庭用消火器を錆から守りたい!

結論から申し上げます。
家庭用消火器をキレイに長持ちさせたかったら、「袋をかぶせておく」に限ります!

消火器の本体は、鉄でできています。樹脂でコーティングされていますが、中身は鉄なのです。

鉄の弱点は錆びること。錆びるともろくなります。
湿気のたまりやすい底のほうから錆び、そのうち穴が開きます。
穴が開くと、中に詰められた消火薬剤と圧縮ガスが漏れ出てしまい、使えなくなります。

ですから、消火器には袋を被せましょう。

油汚れが気になるキッチン近くの消火器

自宅用に消火器を買ったら、どこに置きますか?
よくあるパターンは、火元になりやすいキッチンの隅っこ。

賢明な奥様方は経験でご存知のことと思いますが、キッチンはかなり汚れる場所です。
しかも、リビングや寝室とは汚れかたのタチが違います。
キッチンで多いのは‥‥そう!油汚れです。

油でベトついたところにホコリがつもります。
つもったホコリに、湿気が集まります。
湿気の水分で鉄がさびます。

いったん置いたらそれっきり放置になりがちな消火器なので、知らないうちに傷んでしまうということもあります。

イザというときにきちんと働いてもらわなきゃマズいので、いつの間にか穴が開いていたなんてのは致命的なんです。
まぁ実際、家の中の消火器が、数年で穴が開くほどボロになるとは考えにくいですけどね。

しかしながら、油とホコリでベットリなのも見た目が悪いでしょう。
だからせめて、袋をかけておきましょうよ。
しかも買ったばかりのこのタイミングで。

気をつけていただきたいのは、消火器を箱から取り出すとき。
消火器をくるんでいた袋があるはずですよ。
あっ、それそれ!その袋ですよ、奥さん。
それをそのまま使ってくださいね。

脱がせた袋を、上から再びスポッとかぶせるだけ。
これで、新品のぴかぴかぶりを長持ちさせることができます。

ちゃんとした袋を被せたい!という家庭用消火器想いな貴方には

こんなやっつけ仕事みたいな袋じゃあ、うちのオシャレなインテリアにはそぐわないわ!という方もいらっしゃるでしょう。

ご安心ください。
メーカー製の「おしゃれな」専用カバーもありますよ。

以上、「消防設備コレクター」よっしーでした!

《防火管理・消防設備・防災支援を通じて建物の長寿命化と不動産価値の向上を!》

シェア:
Facebook
Twitter
LinkedIn

こちらの記事もおすすめ

お問い合わせ

当社の防火管理者外部委託サービスにご興味がありましたら、
まずはお気軽にご相談ください

無料相談&お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
携帯からは
03-6416-5197
月〜金(土日祝定休)10時〜17時
防火管理者外部委託サービス
紹介資料
サービス毎の具体的な費用を
知りたい方はこちら
さらに詳しく知りたい方へ

防火管理者外部委託サービスの導入に関して
気になるポイントを詳しく解説します