マンション消防訓練とAED取り扱い | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

マンション消防訓練とAED取り扱い

2015年06月23日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビルコンサルタントの深山(みやま)です。
先日は東京区部の築浅マンションで、消防訓練を行ってきました。

所轄の消防署員が立会いのもと、予定時間にスタッフが非常ベルを鳴らし、館内放送で避難を呼びかけます。
すると数名の居住者が非常階段から1階へ降りてきました。
(エレベーターで降りちゃダメですよ)

続けて水の入った練習用消火器を使った放水の練習。
参加した皆さん、消火器を扱うのは初めてのようで、消防署員のアドバイスに耳を傾けて、全員が練習できました。

防火管理者とAED訓練続けて、AED(自動体外式除細動器)を遣った心配停止の方を助けるための訓練が行われます。

居住者が実際にAEDの操作やマネキンへの人工呼吸マッサージを行い、私たちスタッフもやらせていただきました。
AEDの操作にしても心肺蘇生のためのマッサージにしても、私は何回も訓練したほうが良いと思いました。
一度だけでは身体が覚えませんし、緊迫した状態では頭が混乱して、練習どおりのパフォーマンスが発揮できない可能性が高いです。

当社では、防火管理者の外部委託サービスの一環として、消防訓練の定期実施を業務に含めています。
所轄の消防署は、この消防訓練を実施しようとすると、かなり好意的に協力してくれます。
少しでも多くの方が「いざ火事だ!!!」となったときに冷静に対処いただけるよう啓蒙を続けて参ります。

《オーナー財産の長寿命化と 不動産価値の向上を!》

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください