防火管理者(統括防火管理者)外部委託_メルすみごこち事務所防火管理者(統括防火管理者)外部委託_メルすみごこち事務所

BSテレ東の番組にマンション管理士+防火管理者で取り上げられました

2019年08月14日(水)午前7時からBSテレ東(7ch)で放映された「日経モーニングプラス」の「職レポ~令和を働く~」に、マンション管理士として取り上げられました。

マンション管理士というのは、分譲マンションの区分所有者団体である管理組合の運営コンサルタント・アドバイザーとして創設された国家資格で、当社はもともとマンション管理士事務所として創業しました。

その後に、このマンション管理士のフロントエンド商品の一つとして「防火管理者の外部委託」を始めたのがきかっけで、いまでは防火管理者外部委託サービスとマンション管理士系サービスとが当社事業のツートップとなりました。読売ジャイアンツで言えば菅野と山口、坂本と丸、昔の大阪維新の会で言えば橋下徹と松井一郎みたいな感じでしょうか!?

※詳細はこちら!(日経モーニングプラス(BSテレ東)にマンション管理士として出演しました)

分譲マンションの理事長代行は「マンション管理士」+「防火管理者」のセット受託


防火管理者外部委託サービスをお引き受けしている建物のうち、20%程度が分譲マンション管理組合です。
そして、分譲マンション管理組合から「理事長代行」つまりマンションの理事長を当社がお引き受けする場合、そのマンションの防火管理者や統括防火管理者は必ず当社が引き受けさせていただくことを絶対条件にしています。(ん?この場合は外部委託とは言わないですね。)

理由は明確、当社がマンションの管理者(代表者)として責任ある地位を預かるにおいて、プロ理事長の善管注意義務はとても厳しいものが求められます。
当社がマンションの管理者をお引き受けしている以上、その防火管理をいい加減にすることは絶対に許されません。

マンション住民の中から防火管理をしっかりと履行してくれる方が出てきてくれることはまずありませんので、当社がプロ理事長兼プロ防火管理者として、法令遵守で業務に当たらせていただくことで、マンション住民を守るだけでなく、当社自らも守らせて頂いているのです。

、、、ということで、今回BSテレ東さんから取材を受けたマンションは、当社が管理者(理事長代行)をお引き受けしている分譲マンションだったため、管理者の業務の一環として防火管理の巡回の場面が撮影されました。

分譲マンション管理組合の皆様、ぜひマンション管理のアドバイスも防火管理者もお任せ下さい。

関連記事

記事ランキング
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
TOP5