コロナで防火管理者にも変化が必要 | 防火管理者(統括防火管理者)外部委託・防火対象物定期点検_メルすみごこち事務所防火管理者(統括防火管理者)外部委託・防火対象物定期点検_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 防火管理技能者 外部委託
  • 対応エリア
  • 防火設備定期検査
  • 実績・お客様の声

消防設備コレクターが教える、消火にまつわる消化のいい話

(こづっき)コロナで防火管理者にも変化が必要

2021年01月18日


こづっきです。ご無沙汰しています。昨年は、パンデミックによって防火管理の現場も大きな変化が必要になりました。変化が求められる中で試行錯誤が続いた1年でした。

現場目線での大きな変化は2つです。今日はその一つ「消防訓練」です。

消防法令で定められている消防訓練ですが、もともと参加者が少なかったのが、緊急事態宣言が発令された昨年初夏以降、参加者が極端に少なくなりました。

新横浜駅前のテナントビルでは、毎年テナントから数名の訓練参加者がありましたが、昨年はほとんど参加者がありません。緊急事態宣言の影響でテナント利用者(お客様)が激減し、テナントそのものが営業を休止していたからです。消防訓練を行いたくても、お客様がいなくてはどうにもなりません。消防法令を遵守することは建物オーナーにとっては大切ですが、いざ火災が起こったときのための行動をテナントの皆さんに身につけて頂くことは同じくらい大切です。そのための法令ですから。

私たち防火管理者も、他の業種と皆さんと同様に、業務のやり方を見直さなければならない、大きな1年でした。もちろん会社としてもこの状況をどう乗り越えるのか、様々な取り組みを行ってきましたが、その話は追々させていただきたいと思います。

本年もよろしくお願い申し上げます。

こづっき

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください