メルロゴ

首都圏での防火管理者の外部委託に関する相談傾向とは

無料ロゴ
関連資料を無料でダウンロードいただけます
防火管理者・統括防火管理者の委託の相談範囲

◯テナントビルや賃貸マンションは23区と周辺の市区からの相談が、分譲マンション(管理組合)は武蔵野線の外まで広くお問い合わせ範囲が広がります。
収益物件が都心に集中する一方、分譲マンションは東京から離れても一定数の数があることがわかります。

◯全体的なお問い合わせの範囲は、東京の山手線を中心とすると、南(川崎市・横浜市)・西(都下)方面へ伸びる傾向にあります。
防火管理に対する意識の違いか、所轄の消防署の防火に対する力の入れ具合によるものかもしれません。

23区や横浜市の消防署は全体的に防火管理者の外部委託申請や諸手続きについてかなり厳しくチェックされることが多いですね。
それだけ管轄内での防火・防災に力を入れているということと推察します。

行政の取り組みの多くは、日本の中心である東京が最も厳しかったり、新しいルールを作ったりして、徐々に周辺の自治体へ広まっていくものです。いま23区が最も防火管理について厳しく具体的な対応を求めてきますが、今後2年、3年、5年とかけて、地方へ浸透していくものと推察します。

防火管理者や統括防火管理者・消防訓練でお困りの方はぜひ当社へ!

《オーナー財産の長寿命化と 不動産価値の向上を!》

シェア:
Facebook
Twitter
LinkedIn

こちらの記事もおすすめ

お問い合わせ

当社の防火管理者外部委託サービスにご興味がありましたら、
まずはお気軽にご相談ください

無料相談&お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
携帯からは
03-6416-5197
月〜金(土日祝定休)10時〜17時
防火管理者外部委託サービス
紹介資料
サービス毎の具体的な費用を
知りたい方はこちら
サービス毎の具体的な費用を
知りたい方はこちら
さらに詳しく知りたい方へ

防火管理者外部委託サービスの導入に関して
気になるポイントを詳しく解説します