メルロゴ

防火管理では失火は防げません

無料ロゴ
関連資料を無料でダウンロードいただけます

先日、ある不動産管理業者さんから
「防火管理者を御社にお願いすれば火災が防げますよね」
という質問がありました。

私は、こう答えました。
「防火管理者をアウトソースしていただければ、今までのように名義貸しで何もしていないより、格段に防火管理の体制が良くなります。でも、防火管理に万全を期しても[火災をなくす]ことはできません。」

火災がおきにくくなるように予防できますが、失火をシャットアウトすることはできません。オフィスビルで従業員に、飲食店でお客様に、マンションで入居者に、[タバコを止めて]とはいえませんよね。防火管理者は建物利用者を24時間監視する仕事ではありません。

しかし注意を促し、意識を向上させることは可能です。当社の防火管理は、そこに力を入れています。

でも、火災事故はゼロにはならないんです。

そうなると、防火管理者のもうひとつの仕事が重要になってきます。

つまり、
[万が一起こってしまった火災時を想定して、事故が拡大しないように予防する]

という仕事です。

建物利用者(住人・テナント・事務所店舗のお客様)の人命が助かるように、日常から
1)消防設備・避難設備がちゃんと使える状態であるかを確認する。
2)避難路(廊下・階段・通路など)を確保する

これらを適切に点検し、不具合を修正していく、という仕事が、とても重要です。

あ、あと、もうひとつ、防火管理者の仕事で大切なものがありました。建物所有者を火災事故から守る。もっとも重要な仕事かもしれません。
(続く)

以上、賃貸マンション・貸しビルコンサルタントの深山(みやま)でした。
《オーナー財産の長寿命化と 不動産価値の向上を!》

シェア:
Facebook
Twitter
LinkedIn

こちらの記事もおすすめ

お問い合わせ

当社の防火管理者外部委託サービスにご興味がありましたら、
まずはお気軽にご相談ください

無料相談&お問い合わせ
お電話でのお問い合わせ
携帯からは
03-6416-5197
月〜金(土日祝定休)10時〜17時
防火管理者外部委託サービス
紹介資料
サービス毎の具体的な費用を
知りたい方はこちら
さらに詳しく知りたい方へ

防火管理者外部委託サービスの導入に関して
気になるポイントを詳しく解説します