賃貸にはない!?『長期修繕計画』という概念(2) | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

賃貸にはない!?『長期修繕計画』という概念(2)

2014年11月02日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビル運営コンサルタントの深山(みやま)です。

過去のブログ記事
賃貸にはない!?『長期修繕計画』という概念(1)
に書きましたが、賃貸マンションや貸しビルにはそもそも長期修繕計画の概念がないのに驚いています。

rfrrf

そして、賃貸マンションや貸しビル運営における『長期計画のなさ=無計画さ』が、建物の長寿命化を妨げ、長期的に見た収益率の低下を招く最大の理由になっている、とも書きました。

右は、分譲マンション管理の業界紙「マンション管理新聞」さんの記事で、国土交通省が2013年に行ったマンション総合調査で、

・長期修繕計画が作成されている分譲マンションは約9割
・計画期間は20年超のものがその中の約7割
・計画期間は延びる傾向に

という結果になったことが示されています。

同じ建物なのに、どうして分譲と賃貸でこうも違うのか、、、

賃貸オーナーの皆さん、建物を何年持たせたいですか?
賃料収入をどれだけ長く獲得したいですか?
そのために賃料から必要な修繕資金を貯蓄していますか?
場当たり的で高額な修繕を業者の言いなりで行っていませんか?

・建物まるごと安心サポートはこちら

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください