防火管理者(統括防火管理者)外部委託_メルすみごこち事務所防火管理者(統括防火管理者)外部委託_メルすみごこち事務所

新宿・歌舞伎町のビル火災事故と防火管理者

こんにちは、賃貸マンション・貸しビル運営コンサルタントの深山(みやま)です。

防火管理者の制度を語る上で、そして日常の防火管理の重要性を語る上で、決して忘れることができないのが、2001年(平成13年)9月に新宿・歌舞伎町で起こった火災事故(事件)です。

feifei
細いビルから44名もの死者を出しましたが、火災の原因は不明で、放火の可能性が指摘されています。

しかし、仮に火災の原因が放火であったとしても、建物のオーナーや各テナントの経営者が火災の被害を最小化させるために必要な『日常の防火管理』を怠っていたことが、これだけの死者を出してしまったのでした。

なお、この建物には防火管理者は選任されていませんでしたが、仮に防火管理者が選任されていたとしても、必要な防火管理を行っていなければ、結局建物オーナーが責任を問われることには変わりありません。

この事件の後に消防法が大幅に改正され、防火管理に対する意識が高まったことは、建物の利用者によっては安心・安全が増した意味で良いことです。
一方で、まだまだ防火管理者が選任されていない建物は多く、『防火管理者を名義貸ししてもらえないか?』といった、法の趣旨を理解していない建物オーナーも多いです。

ビルもマンションも適切な防火管理を行い、継続しましょう。

※防火管理者の外部委託サービスはこちら

関連記事

記事ランキング
最近の記事
カテゴリ
アーカイブ
TOP5