防火管理技能者と防火管理者との「兼任」と「委託」 | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

防火管理技能者と防火管理者との「兼任」と「委託」

2017年05月11日

東京のタワーマンションと「防火管理技能者」のアウトソーシング

3月2日のブログ記事「(東京限定)防火管理技能者の委託需要はあるか?」で書いたように、都内のタワーマンションから防火管理技能者の委託に関する照会がで始めたことから、私自身が防火管理技能者の資格を取得しつつ勉強しました。

で、このほど、某管理会社からの依頼で、あらたに防火管理技能者についての照会をいただきました。

この「防火管理技能者」について詳しく理解している管理会社や不動産会社は多くないと思います。
なにしろ対象となる建物は「東京都内」の「約2,300の建物」と少なく、経験する機会が限られるからです。

私も最初は「なぜ必要?」「どんな仕事?」「手続き方法は?」「提出書類は?」と、わからないことだらけでしたし、東京消防庁のHPに詳細の記載がありますが、防火管理の実務にあたっていない方には、実感をもって理解することは困難でしょう。

※制度の成り立ちや対象・業務については、「(東京限定)防火管理技能者の委託需要はあるか?」をご覧下さい。

防火管理技能者と防火管理者は「兼任できない」

※東京消防庁HPより画像転載

タワーマンションや大規模マンションでは、「統括防火管理者」「(住居共用部の)防火管理者」そして低層階に店舗が入るような物件では「テナント防火管理」と、防火に関するプレーヤーが多い上に、新たに防火管理技能者が必要となり、複数の防火系スタッフが必要ですが、住民から「なり手を探す」のはかなり大変ではないでしょうか。

そもそも「防火管理技能者」に就任するためには「防火管理者資格」等の資格を有していないと、資格を得るための講習の受講資格すらありません。
住民がゼロから防火管理技能者を取得しようと思えば、最初に甲種防火管理者講習を受け(丸2日間拘束)、その後で技能者講習を受ける(これまた丸2日拘束)必要があります。
計4日が必要です。

しかも、住民がそこまでして防火管理技能者になるメリットがあるか、、、といえば、ほとんど無いでしょう。
資格だけ貸して何にもしない「名義貸し」は、万が一の火災事故で背負うリスクが高いです。
「勉強になる」「資格が手に入る」「管理組合から手当がでる」というモチベーションか、私のように「ビジネス上必要」という理由しかありません。

そして、防火管理技能者はあくまで「(統括)防火管理者の補助者」ですので、兼務ができません。
ただでさえなり手の少ない防火系の資格者を住民から「複数名選出する」のは困難だと思われます。

都心のタワーマンション暮らしを送る住民の多くは、「眺望」「最新設備」だけでなく「ホテルライク」「利便性」「(通勤や通学・遊びのための)移動時間短縮」を買っている感覚が多分にありますでしょうから、わざわざ防火系の仕事をボランティア(またはわずかな手当)で引き受けることは考えにくいです。

防火管理技能者の委託は必要?

住民による手弁当での防火管理体制を構築することが防火管理の趣旨ですが、上述のように考えると、特にタワーマンションでは防火管理技能者の外部委託は絶対的に必要と思いますし、そもそも、(統括)防火管理者も委託し、プロによる防火防災体制の強化を図ることが、マンション運営において本質的なのではないか、と考えています。

さて、前述の「お問わせをいただいた管理会社の方」へ、簡単なフローチャートを作って、確認頂くこととしました。制度もプレーヤーも少し複雑で馴染みがないので、マンション住民(管理組合)・管理会社と理解を共有し、必要な業務を納得の上で委託されるようにできればと思います。

《オーナー財産の長寿命化と 不動産価値の向上を!》

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください