消防署様・消防設備点検会社様へ | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

消防署様・消防設備点検会社様へ

消防署様・消防設備点検会社様へ

消防署様(予防係ご担当者様)

管轄内に、防火管理者(特に統括防火管理者)が選任されていない建物や、防火管理者が選任されていても消防法に規定する日常点検や消防訓練・避難訓練を実施していなかったり、必要な設備改修を行っていない建物管理者は一定数あると思われます。

弊社では、防火管理者の外部委託や消防訓練支援等を通じて、建物がテナントや利用者にとって安心・安全であることのお手伝いができないかと思い、本業務を立ち上げました。
消防署が公職である立場上、特定の企業を紹介・斡旋しないことは理解しています。管轄内のビル・マンションで防火管理者や統括防火管理者が未選任の建物がある場合、ビル・マンションのオーナーや不動産業者・管理会社への指導に加え、我々のような外部委託先の存在をぜひ知らしめていただければ幸いです。
地域の防火に貢献することをお約束いたします。

消防設備点検会社様

消防設備点検は消防法で定期点検の義務があり、年1回または3年に1回の消防署への報告義務があります。一方で、防火管理については、防火管理者/統括防火管理者の選任・届出義務はありますが、日常点検の届出義務はなく、消防訓練(避難訓練)の実態も見えにくくなっています。

当社は日常点検・消防訓練を法律に則り着実に履行いたします。お困りのビル・マンションオーナー様がいましたら、ぜひご紹介ください。弊社が建物の防火管理者(統括防火管理者)へ就任させていただき、消防設備点検時に発見した「劣化した設備の改修工事」の必要性について、防火管理者として建物オーナー様へ進言し、消防設備点検業者様と一体となり、法律に則った設備改修が進められるようにいたします。

また、弊社が防火管理者の外部委託をお引き受けしている建物のオーナー様へ、消防設備点検の引き受け先として御社のご紹介が可能です。お申し付けください。

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください