糸魚川火災と「木造家屋」「鉄筋ビル」それぞれのリスク | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

糸魚川火災と「木造家屋」「鉄筋ビル」それぞれのリスク

2016年12月24日

火災の拡大は「木造+乾燥+強風」

%e7%b3%b8%e9%ad%9a%e5%b7%9d%e5%b8%82%e3%81%a7%e5%a4%a7%e8%a6%8f%e6%a8%a1%e7%81%ab%e7%81%bd%ef%bc%882016-12-22%ef%bc%8d%e3%83%9f%e3%83%a4%e3%83%8d%e5%b1%8b%e3%81%95%e3%82%93%e3%82%88%e3%82%8a

(12月22日のミヤネ屋さんニュース番組から)

年末に向けて乾燥した天気が続き、風が強くなってきて、中華料理屋さんの過失によるちょっとした火災が、40,000㎡もの面積に亘り商店や民家を焼いた大火災へと発展してしまいました。

木造+乾燥+強風ですと、平成の世の中でも、江戸時代の「明暦の大火」と同じように燃え広がることがわかります。

死亡者ゼロは「素早い情報伝達」「脱出しやすい環境」

それにしても、これだけ広い範囲を焼いても「死者がゼロ」というのは、不幸中の幸いであり、驚きでした。
冷静に考えれば、「地方の商店街・住宅街で住民同士のコミュニケーションがあったこと」や「警察・消防・行政の対応」が貢献したと思われます。

都会の鉄筋コンクリートビルは火災リスク低い?

木造家屋に対して、鉄筋コンクリート造のビルは、たしかに周辺からの延焼リスクはとても低いです。

しかし、ビルの中から発生した火災には、めっぽう弱い。

2001年(平成13年)に新宿・歌舞伎町で発生したビル火災事故では、外観上はほとんど火災の跡が見えませんが、ビルの中にいた44名が死亡しました。

ビル火災のリスクは「煙」「少ない避難経路」

%e6%ad%8c%e8%88%9e%e4%bc%8e%e7%94%ba%ef%bc%88%e6%96%b0%e5%ae%bf%ef%bc%89%e3%83%93%e3%83%ab%e7%81%ab%e7%81%bd%e3%81%ae%e5%8e%9f%e5%9b%a0%ef%bc%88%e5%ae%ae%e5%b4%8e%e7%9c%8chp%e3%81%8b%e3%82%89%ef%bc%89

ビルでの火災で一番怖いのは、炎よりも煙です。
実際に歌舞伎町のビル火災事故では、消防隊が室内に侵入した際、部屋で倒れていたのは「焼死体」でなく、煙を吸って亡くなった「綺麗な状態の遺体」でした。

特に都会の雑居ビルでは、出入口が狭いうえに、非常階段に物品が置かれたり、部屋によっては外から光が入ってこないように窓が目張りされていて、非常口がわかりづらいため、いざ炎と煙が入ってくると逃げ遅れてしまうリスクがあります。

木造も鉄筋も、いつも時代も、火災リスクは頭の片隅に入れておかねば、と再認識します。

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください