自転車を共用廊下に置きすぎでしょ! | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託・テナント防火管理支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 防火管理技能者 外部委託
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

自転車を共用廊下に置きすぎでしょ!

2018年01月22日

賃貸マンションで、廊下や踊り場に多数の自転車が放置されていたら、単純に「モラル低い!」「借りたくない」「引っ越したくない」と私は思います。

モラルや美観もそうですが、僕達の仕事である「防火管理」の上でも、廊下や踊り場などの共用部=消防法上の避難経路に自転車が放置されることはNGです。

居住者にもちろん理由がありますが、これを取り締まろうとしない建物オーナーにも原因があります。
これで万が一火災事故が起こって人名に万が一のことがあったら、責任を取るのは建物オーナーであることを、意外とオーナーは知りません。

厳しく取り締まりを。

この写真の物件は当社の防火管理者引受け先ではありませんが、もしこの状態で建物オーナーや管理会社から外部委託の依頼があったら、自転車対策の提案にオーナーの姿勢が前向きでなければ引き受けません。

防火管理は、防火管理者と居住者、として建物オーナーの協力なくして成り立ちません。
リスクが高く、その高いリスクを低減する気持ちのないオーナーの建物の防火管理者を引き受けることは、当社にとってもリスクなのです。
せっかくコツコツと積み上げてきたこの業務。オーナーと心中したくありません。

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください