ビル統括防火管理者とテナントとの連携 | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

ビル統括防火管理者とテナントとの連携

2015年05月26日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビルコンサルタントの深山(みやま)です。

当社が事務所・店舗が混在する複合ビルの統括防火管理者をビルオーナーから受託して日常点検を行う場合、

ビル統括防火管理者とテナント防火管理者「テナントとの連携」

を最も重要視しています。
特に、防火管理=万が一の火災事故発生時にビル利用者(お客様やテナントで働く従業員)の人命を守る観点から、飲食店や火気を扱う店舗とのコミュニケーション作りはとても大切です。

2014年(平成26年)4月に施行された統括防火管理者制度では、これまでの個々の防火管理者の業務に加え、「各テナント(個々の事務所・店舗防火管理者や責任者)への指示権」が与えられています。

飲食店や事務所などのテナントや共同住宅(マンション)を代表する防火管理者に対し、建物が一体として適切な防火管理の状態を維持できるよう、ビルオーナーに代わり具体的な是正等の指示ができる権利があります。

見方を変えれば、統括防火管理者にはそれだけ大きな役割と義務が与えられています。統括防火管理者が業務を遂行せず、火災事故時に人命の被害が拡大した場合、建物オーナーにも責任が追及されます。

当社では定期的な巡回点検の際、特に火気を扱う店舗の防火管理者(不在の時は責任者)とコミュニケーションを取り、店舗内の避難通路の確保や火気近くに引火しやすい物品を置かないことなど、指示(お願い)しています。

火事がないのが当たり前なのですが、その当たり前を真面目に継続するために、ビルの統括防火管理者と店舗・事務所テナントとの連携は欠かせません。

ビルの統括防火管理者の外部委託はこちら!

《オーナー財産の長寿命化と 不動産価値の向上を!》

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください