賃貸物件と分譲マンションで異なる「書きいれ時」 | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

賃貸物件と分譲マンションで異なる「書きいれ時」

2014年10月06日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビル運営コンサルタントの
深山(みやま)です。

横浜で消防設備点検を多く手がける会社の社長と会食をして、防火管理者の外部委託サービスの話になった際、

「賃貸オーナー様の仕事は平日が多くて助かる」

と言う話を聞きました。

hfgfhj

あ、そうか!
分譲マンションのコンサルティングとは
書き入れ時が異なるんだ!!

当社のもともとのホームグラウンドである
マンション管理組合(分譲マンションのオーナー団体)の仕事は、
ほとんどが週末(土日祝)か平日の夜となります。

管理組合の会合(理事会と言います)は、理事である個々の部屋のオーナーが数名集まって
行われますが、ほとんどの方がお勤めなので、どうしても出席率の高い時間帯になります。

すると、土日はとても忙しい反面、平日はそれほどでもない、
と言うアンバランスな状態になります。

逆を言うと、土日・平日夜が仕事で一杯になると、それ以上は仕事が増えにくい、
ということになります。

一方、賃貸オーナー様はほとんどが大家さん専門の方か悠々自適の地主さん、
そして法人ということになりますから、必然的に平日昼間が打ち合わせとなります。

賃貸と分譲では、同じ様な建物を扱いつつ、その書き入れ時は全く逆なのですね。
賃貸コンサルティング事業は後発組の当社、日々新鮮です。

余談:「かきいれどき」は「書き入れ時」と書くのですね。
帳簿の記入に忙しい時=商売が繁盛してもうけが多い時をさすようです。

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください