なぜ賃貸マンション・貸しビルのアドバイザーを?(1) | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

なぜ賃貸マンション・貸しビルのアドバイザーを?(1)

2014年07月17日

こんにちは、賃貸マンション・。貸しビル運営コンサルタントの
深山(みやま)です。

今回「賃貸マンション・貸ビルオーナーのためのアドバイザー」として立ち上がる動機となった「当時の経験や悔しさ」を記します。

私が生まれた1974年(昭和49年)の少し前。

実家は小さな賃貸マンションの大家業

親父は賃貸マンションの大家業を目指し、東京は大田区、日蓮宗の大本山「本門寺」の門前町である池上にあった120坪の土地に莫大な借金をして、ファミリータイプ12世帯、4階建の小規模なマンションを建設し、私は1階に大家の息子として住んでいました。

 

物心ついた頃には、親父が錆びた階段や門扉の鉄部を自ら刷毛を握って塗装したり、大雨が降れば漏水の対応に走ったり、樹木に登って自ら剪定したり、
住民向けのチラシを手作りして(当時はパソコンがありませんでした!)ポスティングしたりと、マンション運営すべてが手探りで情報もない中、手弁当で行っ
ていました。

 

いま当時の親父の年齢になって、相当苦労していただろうと痛感しています。

 

賃貸マンションはわずか25年で解体の運命に

HP 548その後、建物の老朽化に対する対応をほとんどせず、家賃は下がり入居率も改善しないまま、相続税の支払いに困窮した結果、最終的に土地を手放す(等価交換する)こととなり、1996年(平成8年)頃、マンションを解体し歴史を閉じました。

 

建設から解体までたったの25年と、あまりにも短命のマンションでした。

 

(続く)

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください