賃貸と分譲マンション「管理費削減」の違い(2) | マンション・ビルの統括防火管理者外部委託やテナント防火管理者支援_メルすみごこち事務所

賃貸マンション・貸しビルの建物まるごと安心サポート
無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ、ご相談ください。
  • 建物オーナー様
テナント事業者様へ
  • 不動産会社様・管理会社様へ
  • 消防署様・消防設備点検会社様へ
  • マンション理事長様 その他団体様へ

  • ホーム
  • 防火管理者外部委託
  • テナント向け防火管理サポート
  • 建物まるごと安心サポート
  • メリット
  • よくある質問
  • 実績・お客様の声

20年目からが勝負!賃貸マンション・ビル運営と防火管理

賃貸と分譲マンション「管理費削減」の違い(2)

2014年07月15日

こんにちは、賃貸マンション・貸しビル運営コンサルタントの
深山(みやま)です。

賃貸マンションや貸しビルのオーナー様の管理費削減に対するスタンスは・闇雲にコストカットを図る
・なにもしない

の大きく2つに分かれます。

32dbw6tw

私は分譲マンション管理のコンサルタント経験から、

・ムダなコストは徹底削減
・品質重視な管理はお金をかけてでも実施
・これらの内容を見極めること

が大切である、と強く言いたい。

賃貸オーナー様にとって、建物の管理や保守のことは
わからないことだらけだと思います。

わからないから、大胆なコスト削減(又はなにもしない)ということは、

・ランニングコストは下げられるが、建物の短命化を知らずに選んでいる
・ランニングコストは下げられるが、入居者(テナント)からの家賃収入を下げている
・高いコストを払い続けている

ということに気付いていません。

管理・保守・修繕の品質なくして、
建物の寿命(=建物から得られる生涯収入)や魅力(=家賃収入)の
アップには繋がりません。

コスト削減は、根拠を大切にして頂きたい。

当社の仕事は「根拠ある・品質を前提とした管理費削減」
分譲マンション管理の世界での多数の成功体験・失敗体験から
強くご提案しています。

防火管理者・無料相談受付中!!お気軽にお問い合わせ・ご相談ください